クマデ総研

のいえちゃん

「経営」とは縦糸と横糸の布のようなもの

【経営】という意味を改めて広辞苑で調べて見ました。
①力を尽くして物事を営むこと。工夫を凝らして建物などを造ること。
②あれこれと世話や準備をすること。忙しく奔走すること。
③継続的・計画的に事業を遂行すること。特に会社・商業など経済的活動を運営すること。また、そのための組織。

このブログでも3番目の意味でこの言葉を使っていますが、1番目の建物を作ること、だったり2番目の忙しく奔走することという意味に使ったことはなく、面白いなと感じました。

あれこれ世話を焼いて奔走している社長さんが中小企業にはたくさんいそうで、可笑しかったですが、なるほど、「経営」には準備することという意味も含まれているのですね。。

さらには「経営」とは仏教用語だったらしいです。これはちょっと驚きました。

「経」とは(縦糸)とも読むんだそうです。これは「筋道や道理を通すこと」であり、

「営」(いとなむ)は、それを「行うこと、行動に現す」ことらしいです。

お寺の修行僧の教育ではこれらのことを「布」に例えて説明するとか。
「経」は織物でいえば縦糸。縦に筋道が通っていること。つまりは「正しい筋道や道理」を示しており、「営」は横糸に例えられ、自由に変化する様のことを表す。

「正しい道理を行動に示す」ということが経営で、僧侶の修行のような意味ですね。

縦糸は、時が経っても「変わらないもの」で、例えば会社の理念、または伝統や企業の価値観などを指し、横糸は、時代に合わせて「変えていくもの」で、時代にあったコンセプトで様々なことに挑戦し続けることを表しているとか。

なるほど!変えてはいけないものと、変えていくべきものの両方なければ、その布はほつれ、絶たれてしまうというわけなのですね。

そして経営は「正しい道」は一体何なのかを持っていなければならない。そして、今の時代や環境の変化に適合した新しい事にチャレンジし続けていかなければならないということか。

仏様の教えはすごいです。

 

 

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

プロフィール

熊谷淳一
Facebookページへ

名前 : 熊谷淳一

株式会社ノイエ 代表取締役。デザインで経営を伸ばす経営コンサルタント・クリエイティブディレクター。売れるデザインをつくるためにマーケティングの研究にいそしむ。酒好き。書と陶芸好き。尊敬する人は岡本太郎。

>詳細はこちら

カレンダー

2018年7月
« 6月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

月別アーカイブ

コメント

  1. 東京オリンピックのエンブレムはデザインなのか、アートなのか? (42) に 熊谷 淳一 より
    [2018/02/16,16:16]
  2. この仕事をやっていて、とっても悲しくなること。 (2) に 熊谷 淳一 より
    [2016/10/31,10:47]
  3. 人として一番残酷な病とは (2) に 熊谷 淳一 より
    [2016/10/31,10:36]