社長ブログ:クマデ総研

千葉県産業振興課のデザインセミナーで強みを認識するテーマで講師をさせていただきました

今日のテーマは強み。3時間の講義で、クタクタです。声がかすかすで、聞きづらかったかもしれない。受講生に申し訳ありませんでした!普段はもうちょっと朗々としているのですが。
なぜデザイナーの僕が強みに関して講義するのか?それはグラフィックデザインは強みを伝えるための道具であるから、デザイナーが強みを発見するプロセスを知らなければならない。という事で、お話をさせていただきました。
今日のチラシの仕事でも、サービスの強みを伝えるデザインの話をクライアントさんにさせてもらいましたし、グラフィックデザインと強みの関係は常に密接です。
マーケティング研究者で有名なフィリップコトラー氏が世界で始めてマーケティングを始めたのは日本の三井高利という人だとおっしゃるので、研究して見たら本当に見事な戦略を立てていたので、事例として紹介しました。
三井さんの越後屋という呉服屋さん。ご存知「三越」の事。江戸時代の人だって難しそうなマーケティングを駆使して大企業にしたのだから、現代の経営者にもできるはずだと思う。
マーケティングの言葉は難しいけど、理屈は単純。今日はマーケティングの概要だけの紹介だったけれど、皆さんにもっとマーケティングを研究していただければと思います。
強み発見のためのワークシートを13枚も束にしてお渡ししましたが、じっくり取り組んでいただければ、自社の強みが必ず発見できるはずです。がんばってください!
強みセミナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました