社長ブログ:クマデ総研

「学芸員技術研修会」の研修を長崎県美術館で行いました

今年も九州産業大学様が文化庁の「大学における文化芸術推進支援事業」として行なっている「学芸員技術研修会」の研修を行いました。「展示グラフィックと集客ツール」がテーマです。

この研修は毎年九州を循環して行なわれておりますが、今年は長崎県美術館で開催されました。

およそ30名の学芸員さんが集まり、ミュージアムへの集客のためのチラシや販促ツールの作り方と展示パネルの基礎技術のお話をさせていただきました。

いつぞやは熊本で開催しているのに岡山からはるばるやってきていただいた学芸員さんもいらっしゃいました。

各館からチラシを持参してももらい、そのチラシの改善点を議論していただくというグループワークを行います。そして最後に僕が個別に公開添削を行い、改善点を指摘させていただきます。

毎年参加していただいているあるミュージアムの学芸員さんが持参されたチラシを拝見しましたが、明らかに3年前に参加された時のチラシよりも格段に良くなっていました。僕がいろいろとこのミュージアムの学芸員さんにお話してきたことがちゃんと守られ、実践されていて、とても良いチラシを作ってきてくれた事はすごく嬉しかったです。

6時間にわたる長い研修ですので、やることが盛りだくさんなので、なかなかこれを実践するのは大変だと思います。しかしこのように良い結果を見せていただいけると本当にやっててよかったなと思います。

九州だけではなく、日本中のミュージアムの悩んでいる学芸員さんのために全国を回ってこのようなお話をしたいと思っているのですが、なかなかそのような機会が与えられません。もっともっとミュージアムに人が来てくれることになると、嬉しいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました