販促デザイン講座

販促ツールを作る時に陥りやすい失敗をどう修正するか?

基礎

売れる販促ツールを作るにあたって必要な2本の柱があります。
まず「何を言うか」。その内容が重要です。

今回はもうひとつの柱、その情報を「どのように見せるのか」。
お客様に見てもらえる読みやすくて、関心を寄せてもらえるデザインにするためには、どんな事に注意すれば良いのでしょうか。

デザイナーではない人が自分でチラシを作ったときに、陥りやすい失敗のケースを、カレーレストランのチラシを例に説明していきます。

まずは、デザイナーではない人が作ったチラシの例です。

(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

before2

次に上のチラシを、売れるチラシに作り替えた例です。

after

いかがでしょうか。

細かい部分をひとつずつ修正していけば、20点のデザインは60点くらいに点数アップできるのです。

これらの要点を押さえれば、今の販促ツールもぐっと良くなるはずです。

関連記事

関連アイテムはまだありません。

タイトルとURLをコピーしました