デザインのうら・おもて、まんなか

オリジナリティのあるブランドのデザインとは?

先日、デザイン案を弊社社長に見せた時に、
「もうちょっとオリジナリティが欲しい」と言われました。
ある会社のブランディングにかかわるデザインです。

オリジナリティってなんでしょうか。
辞書をひくと「独創性」とでてきます。

「独創性」
独自の考えで物事をつくり出す能力。
また、新しい物事がもつそのような性質。「独創性のある作品」
出典:デジタル大辞泉(小学館)より

つまり「もうちょっとオリジナリティが欲しい」とは、
「その会社”らしさ”をもっと出して」、って言われるわけですが…

たとえば、他の会社が売っていない商品を売っているのならわかりやすく独創性がありますが、
たいていの場合は同じ商品・サービスを提供している競合他社がありますよね。

やってることは基本的には同じ。でも他社と差別化してブランドを確立したい。
じゃあどうやったらその会社「らしさ」が出ているデザインになるのか。

社長いわく、

①ここはどういう会社なのか(思想や理想)
②どんな人たちがやっているのか(雰囲気・人柄やキャラクター)
③どんなお客様にきて欲しいのか(どんなお客さんに合った商品・サービスを用意しているのか)

この3つをイメージできるデザインがいいとのこと。

確かにこの3つがわかれば、自分に合っているかどうかがわかりますから、
その会社で買うかどうかの判断基準になりそうです。

そして独創性を高めるには、なるべく多くの「意味」を持たせることが大事なのだそうです。
「○○だから」、この形にしました、といったようなことですね。
さきほどの①〜③のイメージにつながることを、
デザインの要素としてたくさん入れることができれば、その分オリジナリティは高まるってことです。

たとえば「花」というだけだと、ものすごくたくさんの種類がありますが、
「秋に咲く花」と限定すれば結構絞れてきます。
さらに色、花びらの数、一輪咲きか房咲きか、匂い、葉のかたち…
そのうちなにかしらの1本にたどり着けそうです。

ネットで絞り込んで検索をするときに似てますね。
たとえば、その1社にだけヒットする複数の検索ワードの組み合わせがあったとして、
それらの言葉すべてをイメージに落とし込み、デザインに意味を多く持たせることができれば、
それはその会社を象徴するような、とてもオリジナリティのあるデザインになる。

実際にはなかなか難しいことです。
要素を多くしてしまえばごちゃごちゃして伝わりづらくもなるし。
①〜③がそもそも似ているという会社がたくさんあるかもしれません。
そんな時まずはブランド独自の強みを持つ・つくる・育てるってことも
必要なのではないかとも思います。

デザイナーとしてできることは、いろんな背景を踏まえて、
なるべくオリジナリティのあるデザインを作ること。

そのためには、その会社のことや周りの競合他社のことをいろいろ調べて、
その会社にはどんなイメージのデザインがふさわしく、来て欲しいお客様に好きになってもらえるか、
たくさん考え、アイデアを出すことがだいじなんですね。

その会社の皆さんに、その会社のお客様方に、「○○らしいね!いいね!」と、
納得していただけて、愛してもらえるようなデザインを作らなくては!と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました