ノイエのご紹介

5.デザインは「第5の経営資産」
経営資源といわれているものは「人」、「もの」、「金」、「情報」です。
情報を集め、優れた人材が、金をかけて、優秀なものを作る…
これらは優れたものを作れば売れた時代の話です。これだけで売れた時代はすでに終わりました。
これからは「優れたもの」を知らしめるコミュニケーション力が必要です。
コミュニケーション力とは「伝える力」です。どんなに「優れたもの」でも、知られなければ存在しないのと同じです。
「良い商品・サービス」と売上は、もはや比例しません。「良い」ことは当然で、その「良さ」を「伝える力」が 売上と比例するのです。
小さな会社・古い会社はココが弱い→「伝え方が下手」
時代を見られる社長・ベンチャーはココが強い→「伝え方が上手」
何を伝えるのか?自社の価値=強み・魅力・メリット
自社の価値を「わかりやすく魅力的に「伝える技術」が「デザイン」なのです。
情報の83%は視覚から入ってきます。だからビジュアルは重要です。
視覚情報はイメージになり、潜在意識に入り込みます。
人は潜在意識に従い行動します。だから頭で「良い」と思っても、潜在意識で「良さそう」と感じなければお客様は買ってくれません。
だからこれからの経営には“貴社の価値を「伝える技術」= デザイン”が必要です。『デザインは第5の経営資産』
ノイエは「伝える」専門家です。様々な技術をもってクライアント様の価値を伝えるべき人にきちんと伝えます。
経営を伸ばす!デザインセミナー ブログ:クマデ総研 販促・集客のヒント満載のメルマガ「経営を伸ばすためのマーケティング&デザイン」
ページトップへ