ノイエのご紹介

4.何のためのデザイン?
デザインは何のために必要なのか?目的があるはずです
発注者:「ホームページ作ってください。」デザイナー:「どんな感じのがいいですか?」発注者:「爽やかな感じのでお願いします」デザイナー:「はい、わかりました。」
デザイナー:「爽やかな感じのができました!」発注者:「私のイメージ通りです。カッコイイデザインだわ!」デザイナー:「ありがとうございます!」
しかしこのビジネスはうまくいかない。なぜか?
そこには“お客様がいない”からです。発注者とデザイナーしか存在していません。目的がホームページを作ることになっています。
発注者:「ホームページ作ってください。爽やかな感じのでお願いします」ノイエ:「…それはなぜですか?あなたのお客様は誰でしょうか?彼らは何を求めているのですか?ホームページで何をしたいのですか?集客ですか、販売ですか、人材採用ですか?」
ノイエ:「競合会社はどんなことをしていますか? 」「他社に負けないあなたの強みは何ですか?」「お客様が競合とあなたを比較した場合はどうやってあなたの魅力を伝えるのですか?」
これらがわからないと、爽やかなイメージにするべきなのか、それとももっと他の表現やデザインがふさわしいのか結論は出せません
効果のあるデザインを作るには、デザイナーのセンスや表現力だけではダメなのです。そこには目的を達成するための戦略、マーケティングが必要です。
デザインはビジネスの強力な武器です。しかし、その武器をどのように使うのかという戦略がなければ、武器も効果を発揮できません。
的のいない方向にバズーガ砲を打ちまくっても意味がありません。
「ノイエは販促ツール、ホームページ、ロゴなどいろいろやってるけど何が得意なのですか?」と尋ねられます。
いろいろ手がけていますがデザインすることを目的としておりません。それらを用いて“経営を伸ばすこと”が目的です。
経営におけるコミュニケーション活動は広くに渡り、長い時間をかけて行われるものです。そのためのメニューを数多くご用意しているだけなのです。
ノイエは、経営を伸ばすためのマーケティング戦略や集客・販売のノウハウなどをご提案し、長いお付き合いの中で経営をサポートしていきます。 次のページ
経営を伸ばす!デザインセミナー ブログ:クマデ総研 販促・集客のヒント満載のメルマガ「経営を伸ばすためのマーケティング&デザイン」
ページトップへ