ノイエのご紹介

3.人が「買おう」と決める理由
人が物を購買する理由は何でしょう?
それが良い商品だから。それがおいしいものだから。それが良いサービスだから。…だから買うのでしょうか?
それらはリピーター客であれば正しい答えです。しかしまだ食べていないお客様に「おいしい」と伝えるにはどうすればよいのでしょうか?
「うちの商品は優秀だから使ってみればわかるんだよね」このセリフもよく耳にしますが、使ってみてもらうためには売れないといけませんね。
人が初めての物を購買する理由は「良い」からではなく「良さそう」だからです。
値段はあまり関係ありません。しかし売れないケースで一番多いのは…
「良いか悪いかよくわからないもの」このケースがほとんど!
何が強みなのか、何が他社と違うのか、買って得するのか、自分に必要なものなのか…よくわからない。だから買わないのです。損したくないから!
それでは“「良さそう」=買う価値がある”と思ってもらうにはどうすれば良いのでしょう。
「良さそう」と思うプロセス 期待・機能性・口コミ…→好印象、好イメージ&メリットの理解と期待=「良さそう」
「良さそう」と思ってもらうためにはターゲットに合わせたマーケティングとデザインが必要です。
小さな会社は知名度や信用がないからこそ、印象、イメージは大切
中堅会社は規模や信用に応じた印象、イメージが必要
ノイエは、デザインとマーケティングを用いてふさわしいイメージを作りあげ価値をお客様に伝えます。 次のページ
経営を伸ばす!デザインセミナー ブログ:クマデ総研 販促・集客のヒント満載のメルマガ「経営を伸ばすためのマーケティング&デザイン」
ページトップへ