ご発注にあたって

ソフトウェアに関して

お打ち合わせやご連絡、原稿の受け渡しやデザインの画像のやりとりなどは主にパソコンを使用して行います。その場合に使用いたしますソフトウエアに関してご説明します。

●デザインのご確認
デザイン案をお送りする時は、PDFでお送りする場合がほとんどです。PDFを見るためのソフトAdobe Readerをダウンロードしておいてください。
●修正指示の方法
[Adobe Reader]デザインのPDFに赤字を入れたい場合は、Adobe Acrobatがあると便利です。(3万円以上しますが…)
[Word]PDFを画面に表示したら、キャプチャ(スクリーンショット)を撮り、その画像をワードに貼り付けて、ワードにて赤字を入れてください。
[手書き]お送りしたPDFをプリントして、手書きで赤字を入れ、ファックスでお送りいただくか、スキャンしてメールでお送りください。
●写真画像でのご確認
写真はjpeg形式でのやりとりがほとんどです。jpeg画像を開くソフトはたくさんありますので、ご用意ください。フリーソフトがたくさん用意されています。
Macでは「プレビュー」が標準で入っています。
ホームページのブラウザ(Windowsでは「インターネットエクスプローラー」、Macでは「Safari」が標準搭載)のアイコンに写真ファイルをドラッグしても、ブラウザが開き、写真を見ることができます。
●データの圧縮・解凍
大量の原稿を送っていただく場合はデータの圧縮を行っていただきます。また、こちらから重いデータをお送りする場合も圧縮データでお送りしますので、それを解凍することができるようにお願いいたします。
Windows、Macともにzip形式で圧縮していただくとやり取りが楽になります。圧縮により、データ破損の可能性も減らすことができます。
[Windows(XP〜)]送信したいフォルダを右クリック→「送る」→「圧縮(ZIP形式)フォルダ」→zipファイルに
[Mac(OS X〜)]送信したいフォルダを右クリック→「“○○○○”を圧縮」→zipファイルに
●文字原稿など
ワードか、エクセル、パワーポイントでいただく場合がほとんどです。これらをメールに添付してやり取りができるようにお願いいたします。
経営を伸ばす!デザインセミナー ブログ:クマデ総研 販促・集客のヒント満載のメルマガ「経営を伸ばすためのマーケティング&デザイン」
ページトップへ