ご発注にあたって

原稿に関して

文字の原稿はテキストデータで

文章の原稿はワープロなどで打ったテキストデータでご提供ください。紙に手書きで書いた文字原稿をいただく場合、こちらで文字打ちの手数料がかかりますし、打ち間違えがないかチェックする時間もかかってしまいます。

●ワープロソフトの例 Windowsの場合
Microsoft社のWordか、Excel、Powerpoint、メモ帳
その他でも、テキストデータであればたいていは大丈夫です。
●ワープロソフトの例 Macの場合
Apple社のPages、Nambers、Keynote、テキストエディット
その他でも、テキストデータであればたいていは大丈夫です。

写真の解像度

写真原稿として画像データをいただく際に、解像度が高いデータのご用意をお願いします。

●オフセット印刷の場合
使用する原寸の大きさで350dpi必要です。例えばパンフレットで使用する写真の大きさが横10センチ縦10センチだとすると、写真のデータの重さは約5.5MBほどが目安です。
最近のデジカメですと設定にもよりますが、3MBの重さで横20センチ縦30センチくらいは可能です。
●インクジェットプリントの場合
展示会のバナー、のぼりなどの大型のプリンターはほとんどがインクジェット出力になります。使用する原寸の大きさで200dpi必要です。
最近のデジカメですと設定にもよりますが、3MBの重さで横38センチ縦50センチくらいは可能です。
●ホームページの場合
使用する原寸の大きさで72dpi必要です。デジカメであればたいていは解像度は足りています。
データではなく、プリントの場合はお送りくださればスキャンいたします。その場合、スキャニング料金(1枚3000円〜)が発生いたします。

写真、デザイン、コピ−などの著作権

ご提供いただく原稿の著作権はクリアになっていますでしょうか?

著作権の問題はまだまだ日本でもあまり真剣に考えられていない感があります。裁判を起こされますとほとんど勝てませんし、損害賠償もばかになりません。一番悪影響を及ぼすのは、企業としてのイメージが損なわれることです。信用はお金では買えません。

著作権を侵害していると判明した時点でご報告させていただき、代わりのものをご用意していただきます。

経営を伸ばす!デザインセミナー ブログ:クマデ総研 販促・集客のヒント満載のメルマガ「経営を伸ばすためのマーケティング&デザイン」
ページトップへ