ご発注にあたって

目的と予算

目的をはっきりさせる

様々なデザインをご提供していますが、それらは目的を達成させるための手段であり、道具だと思っています。

「かっこいいデザインが欲しい」「私の好みに合わせて作って欲しい」「社長の好きな色は青なので、青を使ってデザインして欲しい」などといったオーダーをされる方がいます。その通りにデザインするのはとても簡単です。楽チンです。私たちが自分で考える必要はないからです。

しかし、本当は会社の売り上げをあげたい、イメージを良くしたい、お客様に好きになっていただきたい、ということのほうが企業としての目標なのではないでしょうか。クライアント様の好みはもちろんお聞きしますが、それが目的にそぐわない場合は、違ったデザインをご提案する場合がございます。まず作るデザインの目的は何なのかということをはっきりさせていただいてご依頼ください。

予算を決めておく

何事をするにもお金は必要です。当然キリなくお金を使うわけにいきませんので、予算があると思います。デザインの仕事は物の販売ではないので、予算に応じた分だけをご提供することも可能です。こちらも事前に予算をお聞きしておかないと、どこまでを期待していらっしゃるのか、期待値とずれたご提案をしてしまいます。

お支払いできる範疇でご提案する、段階を踏んで進める、お支払いを分割で、など、クライアント様に応じた方法をとっていきたいと思います。

よく言われるのは「デザイン料金はどの位なのか見当がつかない」ということです。デザイナーとのおつきあいが少ない方は、いいえたくさんのデザイナーとお取引のある方でさえ、デザイン料金に関しては人により様々な価格なので悩んでしまわれるようです。正直弊社自身も高いのか安いのかよくわかりません。それはクライアント様によって「そんなにするの!」と言われたり「それだけでいいの?」と言われたり、全然違ってくるからです。

ですからクライアント様一人ひとりの価値観とご予算をお伺いして、弊社ができる範囲を確認し、お互いに気持ちよく信頼し合える関係でお仕事を進めていきたいと思うのです。

そのために、料金表を作成しました。これは非常に悩んで悩んで出した決断です。 詳しくは「料金について」をお読みください。

発注シートをご用意しています

デザインをご依頼いただく時に明確にしていただきたいことをまとめました。ご要望やスケジュール、ご予算や目的などをお互いに共有するために、ご依頼いただく際に、このシートに書き込んでいただきお打ち合わせをしていただきますとスムーズに進めて行くことができます。

発注していただく際にPDFのダウンロードページをご紹介します。プリントしてご利用ください。

発注シート
経営を伸ばす!デザインセミナー ブログ:クマデ総研 販促・集客のヒント満載のメルマガ「経営を伸ばすためのマーケティング&デザイン」
ページトップへ