デザインのうら・おもて、まんなか

おもてなしのデザイン

 

こんにちは、もりーです。

先日、会社の皆でお寿司屋さんに行ってきました。

今回はいろいろ「お疲れさま」と「おめでとう」を兼ねた会で、何か食べたいのある?と聞かれたので、うなぎかお寿司がいいですと答えました。そうです、ごちそうしてもらえる時にしかチョイスしないやつです。

 

お寿司いいね~ってことになりまして、回るお寿司も好きなんですが、あまりゆっくりしずらいイメージもありますし、回らない、でもゆっくりできそうなところ、あとあんまり高くないところ…と探して、表参道にいい感じのお店を見つけました。

お肉の握り

店内も料理もオシャレで美味しかった~。

写真はお肉の握りです。確か山形の美味しいお肉でした。もちろん魚介も、お酒も美味しかったです。

社長もお気に召した様子でしたので、また連れて行ってくれるのを期待して待っております。

 

お店の客層がですね、「表参道」って感じで(勝手なイメージ)。

具体的にどんな感じかというと、女性のノースリーブ率が高い!8割くらい袖がありません! 腕を出している女性が多いと、なんだかラグジュアリーな雰囲気が高まるんだなと思いました。

 

まあ客層の話はさておき。

素敵なお店に行くと、「雰囲気」って大事だなと実感します。

「食事」って雰囲気なんて関係なく、生きるには必須の行動ですが、美味しさはもとより、料理のアイデアや盛りつけの仕方、 インテリアや照明、食器やメニュー、それぞれに「いいな~」って思えたら、すごく嬉しい、気持ちのいい体験になりますよね。そしてそんなお店には「また来よう」ってなる。

 

新規のお客さんがリピーターになってくれるわけです。

リピーターのお客さんは新しいお客さんも連れてきてくれますから、商売がどんどん繁盛します。

 

では何故、お客さんはリピーターになってくれたのか。

 

それはお店を好きになってくれたから。

 

そしてそれにはかなりの大きさで、デザインの力が働いていると思います。

お客さんのための、おもてなしの空間がそこにデザインされてるんですよね。

 

 

デザインの案を錬っている時に、社長に言われたことを思い出します。

「見た人に好きになってもらえるデザインを作って」

デザインには、技法とかコンセプトとか戦略とか、その時々によっていろいろありますが、突き詰めるときっとそこなんですよね。

 

【好きになってもらうためのデザイン】が、経営には必要です。

まだまだ微力な自分を痛感する毎日ですが、わたしも「いいな~」「すきだな~」って思ってもらえるデザインがしたい!と改めて思った食事会でした。おいしかったー!

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

プロフィール

もりー

名前 : もりー

株式会社ノイエのデザイナーです。効果の高いデザイン、売り上げを伸ばせるデザインを作ろうと日々試行錯誤しています。
猫と昼寝と梨が好きです。集団行動と虫が苦手です。予定がないとひきこもりがちですが、たまに謎の行動力を発揮して動き回ります。