マーケティング戦略講座

情報の出し方で成約率が違ってきます

人を動かすための文章の書き方のポイントとして何を言うか、いつ言うか、どう言うか、どう見せるか、の4つあります。 今回は前回の続きの「いつ言うか」。つまり言うタイミングのお話をします。   人のコミュニケーションには段階があります。 エトス、 ……

続きを読む

「読まない、信じない、行動しない」3つの壁を崩すコピーの書き方

弊社はデザイン会社ですが、販促のためにはコピーも重要な要素だと思っております。ですから基本的にはお客様に原稿を頂くのですが、目的を達することが難しいような原稿の場合、チェックして改善のポイントをアドバイスさせていただいております。 どんなにデザインが ……

続きを読む

お客さんのニーズを聞き出す質問とニーズにかなったデザイン

商品・サービスのコンセプトとそのコンセプトを必要としているターゲットのお客さんがぴったり合うとものは売れるのです。この状態の事をコンセプトとターゲットの頭文字をとって「CT整合」と呼びます。 コンセプトは企業側で作ることはできますが、お客さんのニーズ ……

続きを読む

お客様が持っている3種類の欲望を知れば売れる

「なかなか売れないんだよねえ。いい商品なんだけれどねえ。」というぼやきを聞く事があります。 いい商品なんかすでにたくさん存在します。 さらに何をもって「良い」とするのか、それはお客さんの数だけ違います。つまりこの人にとっては「良い」けれどあの人にとっ ……

続きを読む

人は「見かけの情報」に影響される

あなたは何かを買う時に何を基準に買い物をしますでしょうか? 買うものによって基準は様々ですよね。 コモディティと言われている日用品。トイレットペーパーやラップ、石鹸や乾電池などの消耗品はどれを買っても同じようなものなので、一番安いものを買ってしまいま ……

続きを読む

売れる販促ツールはフォーメーションが必要

私たちは日々様々な販促ツールやデザインを作ってクライアント様に納品しています。パンフレット、ダイレクトメール、パッケージ、ホームページ、ロゴマークなどたくさんの種類を作ります。 納品するとクライアント様もやっと販促ツールを手にできて、ほっと一息、お疲 ……

続きを読む

誰のためのデザインか?

うちの会社のデザイナーの面接試験で必ず質問することがあります。 「なぜあなたはデザインの仕事を選んだのですか?」 すると95%の人はこう答えます。 「デザインの仕事が好きだから」 そこで僕はさらに突っ込んで意地悪っぽく質問します。 「好きだからやって ……

続きを読む

デザインは「おもてなし」

マーケティングにはプッシュ型とプル型との2種類があります。 プッシュ型:受け手の意思に関係なくこちらから情報を強制的に送る。 飛び込み営業やテレアポなどもこれですね。 プル型:情報を用意しておき、受け手の意思で向こうから情報を取りにきてもらう。 小さ ……

続きを読む

良いお客様は誰なのかを知るRFM分析

RFM分析と聞くとなにやら難しく聞こえますが、実は単純です。 一番最近買ってくれたお客様は誰か、頻繁に買ってくれたお客様は誰か、お金をたくさん払ってくださるお客様は誰か、という3つの観点からお客様をタイプ別に分類し、「良いお客様は誰なのかを知る」ため ……

続きを読む

良いデザインとは造形的、色彩的に美しいかどうかではない

お客様が買い物をする頻度を増やすために、いろいろな方法がある事を前回にお話しました。なぜ何度も同じ店で買うのか。それは「そこで買うと気持ちが良い」からに他なりません。 「そこで買うと気持ちが良い」と思っていただくために重要な要素のは様々ありますが、ひ ……

続きを読む

この講座について

マーケティングのいえちゃん

マーケティングという言葉は様々な意味で使われます。商品企画の場面では売れる製品を作るために調査や分析を指す場合、販促活動での戦略を指す場合とありますが、ここでは後者の内容を中心に考えます。難しい理論ではなく、具体的に自分のビジネスにどう応用していけば良いのか、わかりやすく解説します。

月間アーカイブ