クマデ総研

のいえちゃん

「ノイエ」という社名の最初の日に想う事

本日から「株式会社ノイエデザイン」は「株式会社ノイエ」に変わりました。
社名を変えた理由と想いは昨日のブログに書いた通りですが、では今までとこれからとは何が違うのか?

noienew表面的には、大きな変化はしばらくは目に見えないと思いますが、会社のスタンス、というか、僕のスタンスが大きく変わる、と言っていいかもしれません。
今までもデザイナーとしての立場だけではなく経営コンサルタントのまねごとのような立場で、クライアントさんに売り上げを伸ばすためのお話しをさせていただいてきました。

しかしあくまで経営コンサルタントの「まねごと」という中途半端な立場。

自分の事をデザイナーだと胸を張って言えますが、経営コンサルタントだとは言えませんでした。
MBAや中小企業診断士の資格も持ってないし、一流大学だって出ていない。アクセンチュアや船井総研に勤めていたような経歴もない。

「自称コンサルタント」は沢山いるけれど、限りなく怪しい人や明らかな悪人も大勢見てきました。中小企業診断士の知人も多いのですが、酷い人も意外に沢山います。(もちろん素晴らしい人も)

だから自分の事を「経営コンサルタント」と名乗ることで怪しい奴に見られたくないという気持ちと、自分自身、セルフイメージがピンとこなかったのです。

しかし、言ってる事や行っていること、そしてクライアントさんの売り上げを伸ばしている事実、実績。その事は、別に自分が「経営コンサルタント」と名乗ろうが名乗るまいが関係ないことだと最近では思うのです。

中小企業診断士の中には、チラシやホームページはコストをかけないで自分で作ることを推奨する人も多いのですが、全くデザインの力を分かっていない。消費者の心理や行動に対する深い知見がないと言っていいでしょう。最近ではクラウドソーシングで安くプロにデザインを作ってもらいましょう、とか言う診断士もいますが、クラウドソーシングでデザインを提供しているデザイナーがどんな人たちかもわかっていないし、できあがったキレイなデザインが売れるものなのかどうかもわからない。

そんな勉強不足のコンサルタントが中小企業の経営者に間違った提案や、経営理論ばかりの指導をして、売り上げなんて上がるわけはないのです。

僕は財務会計や原価計算、経営法務の知識や経済学の知識はまだまだ弱いので、経営コンサルタントなんて名乗るにはおこがましいと自分で感じています。しかし僕たちはどうやったら売れるのかをデザインやコミュニケーション、イメージやマーケティングの観点から何年も実践してきました。試行錯誤もして、今も研究を続けています。

すばらしい中小企業はたくさんあるのです。しかし、そのすばらしさをどうやって社会に広めていったら良いのか経営者にはわからない。自分の専門分野に関してはプロフェッショナルですが、伝える事に関してはど素人なのです。それはしょうがないのです。それで良いのです。自分でホームページやチラシを作っている社長の会社は傾きます。社長の仕事はチラシを作る事ではない。だからこそ、私たちがその会社の強みや魅力を伝えていかなければならないのです。デザインはそのための単なる道具です。しかしパワフルな武器なのです。

この事をきちんと企業の経営者に伝えていきたい。これからの時代は経営にとってデザインが必須の要素である事。人、もの、金、情報、そしてデザインという第5の経営資産を手に入れる必要がある事。どんな小さな会社でもブランドが必要なこと。

そしてデザイナーに対しても、デザインできる素晴らしい能力をどのように売り上げの数字に、お金に換えていったら良いのか研究してもらいたい。もっとビジネスに関心を持ってもらいたい。なぜ診断士は自分でチラシを作れというのか?なぜ経営者はデザイナーに依頼しないで自分で作るのか?それは、デザイナーに金をかけても売れないと思っているから。これはデザイナーの責任です。デザイナーを全く信頼していないのです。この事をデザイナーは真摯に受け止めるべきです。

これらの事を広く伝えていくためにはデザイン会社ではなく、デザインに明るい経営コンサルティング会社である事の方が良いのではないか、と考えています。これからはスタンスを変えて、デザイナーではなくもっと俯瞰から見る立ち位置でこれらのことを伝えていき、日本の中小企業をデザインの力によってもっと元気に、もっと魅力的にしていきたい。そんな風に思っているのです。

きっと一人ではできません。弊社のデザイナー、協力会社、先輩方、友人、家族、そしてクライアントの皆様の協力があってできることだと思っています。どうかこれからも株式会社ノイエを支えていただければと願っております。
そしてもっともっと勉強して、早く自分が経営コンサルタントであると胸を張って言えるようになりたいと思います。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

プロフィール

熊谷淳一
Facebookページへ

名前 : 熊谷淳一

株式会社ノイエ 代表取締役。デザインで経営を伸ばす経営コンサルタント・クリエイティブディレクター。売れるデザインをつくるためにマーケティングの研究にいそしむ。酒好き。書と陶芸好き。尊敬する人は岡本太郎。

>詳細はこちら

カレンダー

2018年5月
« 1月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

月別アーカイブ

コメント

  1. 東京オリンピックのエンブレムはデザインなのか、アートなのか? (42) に 熊谷 淳一 より
    [2018/02/16,16:16]
  2. この仕事をやっていて、とっても悲しくなること。 (2) に 熊谷 淳一 より
    [2016/10/31,10:47]
  3. 人として一番残酷な病とは (2) に 熊谷 淳一 より
    [2016/10/31,10:36]